出光興産は、機能性樹脂関連製品の製造に向けた操業再開・出荷見通しを発表した。

東日本大地震発生後、操業を停止いた千葉工場内のPC、SPS製造では、人身被害、設備被害はなく、再稼動に向けて現在準備中。ただ、PCは、原材料などの確保の状況次第では、生産停止が長引く可能性があるとしている。

製造委託先のコンパウンド工場は、北関東地域の一部で、設備の点検・整備が必要なカ所があり、現在、生産再開について調査中。

一方、出荷については現在、東北地方向けは配送が完全にストップしており、北関東エリアへの配送も深刻な影響がでている。これら以外のエリアでも、関東地方を中心に燃料確保難と交通渋滞などの理由により、納入に遅れが発生している。