東日本高速道路は16日、福島原子力発電所での事故を受け、現在、緊急交通路に指定されている高速道路で、避難指示地域から避難する車両も通行できるようにすると発表した。

これにより避難車両は、高速道路の被災が激しい常磐富岡、広野、いわき四倉の3料金所を除く福島県内の料金所から高速道路を通行できる。

実際の利用には、警察官・係員がいる場合は、その指示に従う。また、被災により路面の段差がある場所や緊急車両が通行している場合もあるので、速度を控えて十分注意して通行するよう注意を呼びかけている。