大分工場

ダイハツ工業は、東日本大地震の影響で、17日から20日まで大分工場を含めグループ全工場の操業を停止すると発表した。

同社は、地震発生後、15、16日にグループ全工場で操業を停止した。

今回、被災地の状況や取引先部品メーカーの被災状況などを考慮した結果、17〜20日も操業を停止する。

21日以降についても未定。