三菱はガソリンを必要としないEVで被災地を支援する計画であることを明らかにした

三菱自動車は16日、東日本大地震の被災地に向け支援をおこなう事を発表した。深刻なガソリン不足が続く中、現地からは「電気自動車(EV)を貸して欲しい」という声が上がっているという。これを受け同社は、被災地に向け『i-MiEV』を提供する計画であることを明らかにした。

被災地ではガソリンスタンドの倒壊や、交通網の遮断によりガソリンの供給が十分に行き届いていない。こうした中、ガソリンを必要とせず電力をエネルギーとするEVに一部で注目が集まっているという。

三菱広報は、「電力供給も十分とはいえない状況ですが、ガソリンと比べると比較的手に入れやすいようで、現地からEVを貸して欲しいという声がいくつか届いています。三菱として、全力で復興支援をおこなっていくにあたり、EVの提供についても積極的に実施していきたいと考えています」と語る。

具体的な提供の時期や台数については未定ということだが、電力供給さえあればエネルギーの補充に特別な施設を必要としないEVは、被災地での移動手段の確保に大きく貢献できるというだけでなく、今後のEV普及に向けた新たな可能性を示すことになる。EVが災害時における救世主となるか、今後の動きに注目だ。

i-MiEVは100Vと200Vの普通電源にも対応している i-MiEV