富士通テングループは16日、東日本大地震による被災者支援として3000万円を寄付すると発表した。

支援金の中には、同社が15日に実施した兵庫県神戸市の本社、中津川工場、神戸物流センターでの門前カンパで集まった約250万円のほか、国内外グループ各社に設置した募金箱により集まった募金も含まれている。

同社は、1995年に発生した阪神・淡路大震災で被災、その際の各方面からの支援が復興への大きな励みとなったとして、「その時受けたご恩返しをすると共に、被災地の早期復興を願う」として今回、支援を実施する。