石油情報センターが発表した石油製品の店頭小売価格の週次調査によると、3月14日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は1リットル当たり148.5円となり、前の週と比べて3.0円値上がりした。

これで4週連続の値上がりだが、値上げ幅は前週の6.5円に続いて大幅な値上がりとなった。

中東情勢で原油価格が不安定な中、東日本大地震の影響で、東北・関東地方でガソリン不足が深刻化、値上がりしている。

地震の被害が最も大きかった東北管内では2.4円の値上がり。関東管内は3.2円アップ、北海道が4.6円、九州管内が3.3円の値上がりとなった。

ハイオクガソリンは3.0円アップの159.3円、軽油が2.6円アップの128.4円となった。

★e燃費(運営:イード)によると、3月16日現在のレギュラーガソリンの全国平均価格は144.10円、ハイオクは154.10円、軽油は121.34円。それぞれ前週から4.18円、2.02円、3.75円の値上がり。

石油情報センターによる平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。