ロードサービス特別支援隊を被災地に派遣。写真は災害訓練の様子

JAF(日本自動車連盟)は、3月11日の東日本大地震発生に伴い、「JAFロードサービス特別支援隊」を編成し、被災地へ派遣することを決定した。3月18日から現地での活動を開始予定。

JAFでは、こうした非常時に備え、被災地での特殊作業に従事する特別支援隊員を全国で112名任命しており、大規模災害を想定した訓練を行ってきた。今回、特別支援隊員の中から、中部本部、関西本部および東北本部(秋田・山形支部)の隊員計24名を選抜し、12台のロードサービス車両を岩手県・宮城県へ派遣し被災地域の救援活動にあたるとしている。

被災地では、被害に遭った人からの依頼による救援作業・自治体等の災害対策本部の要請に応じて、緊急車両の通行路を確保するための被災車両の撤去と放置車両の移動を実施する。さらに、被害に遭った人が所有する車の無料点検サービスも行う予定。

今回の災害が「激甚災害」に指定されたことで、被災地域での地震または津波に起因する故障・トラブルに対する救援作業に係る料金(部品・油脂・燃料代は除く)は無料とすることとした。

ロードサービス特別支援隊を被災地に派遣。写真は災害訓練の様子 ロードサービス特別支援隊を被災地に派遣。写真は災害訓練の様子 ロードサービス特別支援隊を被災地に派遣。写真は災害訓練の様子