盛況となったジュネーブモーターショーの会場風景

ジュネーブモーターショー主催団体は14日、今年の同ショーの累計入場者数が73万5000人以上となり、前年比6%増という成功を収めたと発表した。

ジュネーブモーターショーは、今年が81回目という伝統のモーターショー。3月3日から一般公開され、13日までの11日間に渡って開催された。

1〜2日のプレスデーには、世界中から1万を超えるメディアが取材に訪れた。スーパーカー、エコカーなど、170台以上の新型車やコンセプトカーがワールドプレミアを飾るとあって、会場は盛り上がりを見せた。

2009〜2010年にかけて、世界的な経済危機の影響で、自動車産業は活気を失った。そんな中、ジュネーブモーターショー主催団体は、世界ナンバーワンのモーターショーとしての自負を持って、魅力的なモーターショーの開催を模索してきたという。同ショーのLuc Argand社長は、「今回の成功は、未来につながるもの」とコメントしている。

なお、2012年のジュネーブモーターショーは、3月8日から18日までの日程で開催される予定だ。

盛況となったジュネーブモーターショーの会場風景 盛況となったジュネーブモーターショーの会場風景 盛況となったジュネーブモーターショーの会場風景