曙ブレーキ工業は、米国統括会社アケボノコーポレーション・ノースアメリカ(北米曙)を増資して財務基盤を強化すると発表した。

北米曙は、曙ブレーキグループの北米にある子会社を管理する統括会社だが、2009年12月にロバートボッシュの北米のブレーキ事業を買収したことから業容が拡大している。業容拡大に伴って財務基盤を強化するため、増資する。

曙ブレーキの北米曙への出資比率は80.0%だが、北米曙が発行する第三者割当増資5880万ドル(約47億円)を引き受け、出資比率を87.5%の引き上げる。3月30日に払い込む。