カーライフナビでは被災地を中心にガソリンスタンド営業情報の募集を呼びかけている

イードは15日、燃費データと全国のガソリン価格情報を提供するPCサイト『カーライフナビ』上で、全国のガソリンスタンドの営業情報を投稿・共有できるサービスを開始した。

11日に発生した東日本大地震の影響で、被災地や周辺地域の多くのガソリンスタンドでは営業休止やガソリンなどの販売を大幅に制限することを余儀なくされている。他の地域でも、コスモ石油やJXエネルギーが被災したという報道を受け、ガソリン不足や価格の高騰を不安に思う自動車ユーザーらが、ガソリンスタンドに殺到するという現象が起きている。

こうした状況を受け、同サイトではガソリンスタンド情報の提供を呼びかける。営業情報を共有することで、ガソリンや灯油入手の手助けになれば、としている。

ガソリンスタンド営業情報は、サイト左上にある「【NEW!災害情報】ガソリンスタンド営業情報」の文字をクリックすることで、投稿情報を一覧できる。投稿情報がある場合、店舗情報ページの下部「災害情報」欄に、「◎平常営業」、「○給油可能であるが混雑」、「△給油可能であるが制限あり」、「×給油不可、在庫切れ」のいずれかが表示され、一目でわかるようになっている。

投稿は、カーライフナビのトップページにある「災害時スタンド営業情報入力はこちら」というバナーから可能。入力したいガソリンスタンドを検索し、ポップアップメニューから営業情報を選択、投稿する。投稿には無料のユーザー登録が必要となるが、閲覧は登録やログイン不要でいつでも見ることができる。

また、同社が提供する携帯燃費管理サイト『e燃費』でも同様のサービスを開始する予定。

カーライフナビURL
http://carlifenavi.com/

カーライフナビでは被災地を中心にガソリンスタンド営業情報の募集を呼びかけている