ソニー損害保険は、事故解決サービスの一部を休止したことを明らかにした。

東京電力による計画停電や、それに伴う交通機関の運行制限のため、東京の事故受付サービスセンターで行っている対応業務を全国のサービスセンターでバックアップしており、サービスの一部休止がさけられない状況となった。

休止したのは、事故を受け付けた当日に関係各所への連絡や、対応結果を報告する「即日安心365サービス」と、事故受付後3時間以内に専任担当者から契約者に連絡すサービス。また全国のサービスセンターでの電話受付対応を30分繰り上げて午後5時30分までに短縮している。

このほかロードサービスでは、ガソリンスタンドでの燃料の在庫切れや販売制限などにより、多くのエリアでガス欠時の燃料補給サービスの提供が困難になっており、契約者の理解を求めるとしている。