NEXCO中日本が、計画停電区域にあるNEXCO中日本管内の高速道路の節電対策を発表した。

それによると、高速道路では道路照明のうち、安全上特に必要とされる照明を除き、順次消灯を実施する。また、トンネル部の照明を減灯する。SAやPAでは、駐車場やトイレ・商業施設の照明の減灯、一部の設備の使用を中止する。

影響が想定される高速道路は以下の通り。

●東名高速道路(東京IC〜富士IC)
●中央自動車道(高井戸IC〜小淵沢IC)
●中央自動車道富士吉田線(大月JCT〜河口湖IC)
●圏央道(海老名IC〜海老名JCT、あきる野IC〜八王子JCT)
●小田原厚木道路
●新湘南バイパス
●西湘バイパス
●箱根新道
●西富士道路
●八王子バイパス
●東富士五湖道路
●中部横断自動車道(双葉JCT〜増穂IC)

NEXCO中日本は、これまでと比べ明暗の差を感じる場合があるため「トンネル走行時や夕刻の早めの点灯の実施」などを呼びかけている。