11日午前9時40分ごろ、新潟県胎内市内の県道を走行していた乗用車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走していた軽トラックと正面衝突し、さらに後続車1台が軽トラックに追突する事故が起きた。この事故で4人が死傷している。

新潟県警・胎内署によると、現場は胎内市宮川付近で片側1車線の直線区間。対向車線側へ逸脱した乗用車と、順走していた軽トラックが正面衝突。軽トラックの後ろを走っていた乗用車も回避が間に合わず、そのまま追突したとみられている。

軽トラックは運転席部分が大破。運転していた同市内に在住する72歳の男性が全身強打で死亡。助手席に同乗していた79歳の男性が骨折などの重傷を負った。また、逸脱側の乗用車を運転していた同市内に在住する23歳の男性と、追突車を運転していた新潟市中央区内に在住する39歳の男性が打撲などの軽傷を負っている。

事故当時、現場の路面は雪が溶けてシャーベット状になっていた。警察では逸脱側の乗用車がスリップした可能性もあるとして、事故発生の経緯を詳しく調べている。