CBR250R

ホンダは、新型の軽二輪ロードスポーツモデル『CBR250R』を3月18日から発売すると発表した。

CBR250Rは、エントリーユーザーからベテランまでの幅広いユーザーのニーズに応えるとともに、世界各国の市場に適合するサイズ、嗜好に合うスタイリングなどを目指したグローバルモデルとして開発した。開発指針は「Sport Quarter for One World, CBR250R」で、新開発のトラス構造フレームと軽量・コンパクトな水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒250ccエンジンを搭載する。

DOHCエンジン搭載の二輪車では世界初となるローラーロッカーアームを採用するとともに、オフセットシリンダーでフリクション(摩擦)を低減する。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)に加え、O2センサーの採用やマフラー内に装備したキャタライザーとの相乗効果で、高い環境性能を持つ。低回転域から高回転域まで力強く滑らかな出力特性と、49.2km/リットルの低燃費を実現する。

フレームは、しなやかさと高い剛性を両立したトラス構造のダイヤモンドフレームを採用する。

スポーツモデルの『VFR1200F』や『CBR1000RR』で採用しているフルカウルスポーツモデルの最新デザイン理論「マス集中フォルム」を基に、ダイナミックでスポーティーなスタイリングを目指した。

国内向けCBR250Rは、タイ・ホンダ・マニュファクチュアリングで生産して輸入する。

販売計画は年間7000台。価格は44万9400円と低価格に設定した。

なお新型車CBR250Rは、東日本大地震の影響で予定していた記者発表会を中止した。

CBR250R CBR250R CBR250R CBR250R CBR250R CBR250R