自動車輸送大手のゼロは、東日本大震災で仙台カスタマーサービスセンターと営業所、青森カスタマーサービスセンターの2つの事業所に甚大な被害が生じ、輸送中や保管中の車両にも多大な被害が及んだと発表した。

被害状況の詳細については現在、確認中だが、同社の施設や輸送機材にも多大な被害が及んだ模様。

仙台、八戸以外の事業所の被害は軽微だが、交通の寸断や燃料供給・電力インフラの制限もあり、広い地域で輸送に影響が出ている。

このため、同社では顧客の輸送ニーズに対応できないケースも発生するとしている。今後、新車の納車遅れやオークション開場への中古車の搬入が滞るなどの障害が出てくる見通し。