ガリバーインターナショナルは14日、東日本大地震による被災者への支援として、計1000台の中古車を提供することを明らかにした。

1000台の中古車は、被災地の各災害対策本部と調整し、順次提供を開始していく。

このほか、全国約400店のガリバー店舗に義援金募金箱を設置する。また、東京電力管轄内1都8県の店舗で、屋外看板や首都高速道の看板などの営業時間内の常時消灯、営業時間外の店舗照明の消灯など、節電対応をとる。

同社は、「福島県は創業の地であり店舗も多く、従業員やその家族たちも被災している。被災地の一日も速い復興を心より祈念し、全力を挙げて支援していく」としている。