オートバックスセブンは、東日本大地震の影響で電力が不足していることから、東北地方、関東地方のグループ店舗での営業時間の短縮、照明の一部消灯など節電対策を14日から実施している。

節電を実施するのは、青森、秋田、山形、岩手、宮城、福島、新潟と関東の1都6県、山梨、静岡にあるグループ店舗約200店。

節電対策として営業時間を1〜2時間程度短縮するほか、店内照明の一部消灯、自動販売機の停止、事務所照明の消灯など。また、全国のグループ店舗で屋外サインポールを消灯する。