11日に発生した東日本大地震(東北地方太平洋沖地震)。この影響で、12日に三重県の鈴鹿サーキットで行われる予定だったフォーミュラ・ニッポンの合同テストは中止された。

フォーミュラ・ニッポンの合同テストは11日朝、スタート。11日午後に東日本大地震が起きたことから、12日の予定をキャンセルすることになった。

なお、12日の合同テストは、鈴鹿サーキットのモータースポーツ感謝デーのイベントの一環として行われる予定だった。しかし、鈴鹿サーキットは地震被害の甚大さに鑑み、12〜13日のモータースポーツ感謝デーの中止も決めている。

11日の合同テスト初日でトップタイムをマークした小暮卓史選手(NAKAJIMA RACING)は、「北関東出身の僕も心が痛いです。1日も早い復興を願っていますし、レーシングドライバーみんなでできることを見つけて、やっていきたいと思います」とコメントした。