新日本製鐵は、釜石製鉄所の生産停止が長引く見通しから他の製鉄所かグループ会社で代替生産・出荷対応を検討すると発表した。

釜石製鉄所は、構内の一部が冠水し、生産を休止している。自社港湾設備も損壊しており、設備の復旧の見通しは立っていない。現在、他の製鉄所やグループ会社での代替生産・出荷の対応を検討中。

また、君津製鉄所は地震発生後、高炉への送風が一時停止していたが、現在は正常に稼働している。圧延以降の工程も順次稼働する予定。

室蘭製鉄所は設備に大きな被害は出ていない。同社では、津波の影響で国内全製鉄所の出荷作業を停止していたが、津波警報の解除を受けて釜石以外の全製鉄所で出荷を再開する予定。