Google、被災地の衛星写真を公開

Googleは13日、東日本大地震の被災地を撮影した衛星写真を、GoogleマップとGoogle Earthで公開した。衛星写真は、GeoEye社の人工衛星「GeoEye-1」が12日撮影したもので、津波による生々しい爪痕を伝えている。

衛星写真は、東北地方太平洋沖地震の特設サイトから、Googleマップで被災地の衛星画像を選択、もしくはKMLファイルをダウンロードして、Google Earthで見ることができる。また、Picasaアルバムでは地震の発生前後の衛星写真を見ることができる。

GoogleマップとGoogle Earthチームでは、被災地の状況をできるだけ早く画像で伝えるべく、追加の画像に関しても準備が整い次第、追加していくとしている。

Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開 Google、被災地の衛星写真を公開