東北新幹線の駅間停車で車内に閉じ込められていた乗客は、12日13時15分までに、すべて救出された。

地震による停電で東北新幹線の二戸駅から八戸駅間のトンネル内に停車している列車に500人、福島駅から郡山駅間のトンネル内に1083人、盛岡駅から新花巻駅間に780人、七戸十和田駅から八戸駅間で380人の乗客が、列車から出られない状況に陥った。

JR東日本は、これらの乗客を救出するためのバスを手配。11時30分に2本の列車の乗客の降車を完了。残る2本でも13時15分までに移動を終えた。