アーレスティは、子会社のアーレスティ栃木、アーレスティ山形が自動車部品の納入に影響がでる可能性があると発表した。

3月11日に発生した東日本大地震(東北地方太平洋沖地震)で、アーレスティ栃木の工場建物の天井の一部が破損したほか、停電により生産を停止した。12日に電力が復旧し、現在は生産再開に向けて生産設備の安全性の確認を行っている。

アーレスティ山形は建物・生産設備の破損は無いものの、停電で生産を停止している。

両社は電力不足から生産再開が遅れる可能性が高く、製品の納入に支障が出る見通し。

一方、アーレスティの東松山工場の溶解設備の一部が壊れたものの、12日中に修復を完了し生産を再開した。