東洋ゴム工業は、東北地方太平洋沖地震(東日本大地震)の影響で東北地方に所在する同社グループの拠点が被災したと発表した。

11日、同社は本社内に対策本部を設置。従業員の安否確認とともに各種対策を進めている。

仙台工場ほか生産拠点では津波による被害はなく、地震による工場建物・設備への大きな被害は認められていないが、停電に伴い、工場の操業を停止している。送電の再開、および設備の安全を確認次第、操業を再開する予定だが、復旧の見通しは不明。

地震による損害額、および業績に与える影響は、明らかになった時点で改めて発表する。