3月11日発生した東日本大地震の影響により発生したJX日鉱日石エネルギーの仙台製油所の火災は、陸上出荷設備の一部からの出火である。

最初に公表された低温LPGタンクからの出火は無い模様。

ただ、製油所の社員は津波の発生で避難しており、消火活動は開始出来ていない状況にあり、現在も炎上している模様。

消火活動もほとんどできない状態で今後、タンク周辺に火が拡がることが懸念されている。