JR東日本は、首都圏在来線の運転を発表した。12日午前4時40分発表の情報によると、山手線は午前8時頃からの運転再開を予定。通常の3割から5割程度の運転本数となる。

また、以下の在来線では、山手線より1時間ほど早い同日午前7時頃から運転を再開する。運転本数は山手線同様で3割から5割程度となる。

・中央快速線(全線)
・青梅・五日市線(全線)
・中央総武緩行線(全線)
・埼京線(大崎〜大宮)
・京浜東北・根岸線(大宮〜桜木町)
・常磐快速線(上野〜我孫子)
・常磐緩行線(綾瀬〜取手)
・東海道線(東京〜熱海)
・横須賀線(大船〜逗子)
・総武快速線(東京〜千葉)
・横浜線(全線)
・南武線(全線)
・高崎線(全線)

特急列車は運転を再開しても、大幅な運休が発生する見込みだ。