東日本で余震が断続的に発生

3月12日の午前3時を回っても余震は続いている。三陸沖では依然として震度3〜4の揺れが断続的に続いており、3時59分頃には震度6強の地震が長野県北部で発生。数分後には続いて茨城県水戸市で震度4の地震が発生した。

4時16分頃には再び新潟・長野・群馬で震度3の揺れが発生した模様。気象庁では土砂崩れや堤防の決壊による河川の氾濫に注意を呼びかけている。

東日本で余震が断続的に発生