3月11日発生した地震で宮城県仙台市の石油化学コンビナートが爆発しているのは、JX日鉱日石エネルギーの施設である可能性が高いことが分かった。

爆発している石油化学コンビナートの現場には、現在近づくことができない状態。JXエネルギーは地震後、仙台市の工場の操業を停止していた(※)。

一方、コスモ石油の千葉製油所でも爆発炎上事故が発生しており、現在も消火作業を続けているものの、手が付けられない状態。コスモ石油では従業員が大やけどで1人が重傷、けが人も出ている。

※その後、陸上出荷設備の一部から出火した模様と報告。