リーフに搭載されるリチウムイオン電池モジュール

電気自動車(EV)の普及に力を入れている神奈川県は、新しいEV用のリチウムイオン電池の研究開発を促進するため、「EV用リチウムイオン電池研究会フォーラム」を開催する。

日時は3月18日、13時30分〜17時05分で、場所は海老名市の神奈川県産業技術センター管理・情報棟2階講堂。フォーラムではまず東京工芸大学の佐々木幸夫教授(同研究会顧問)が「電池技術をふりかえって−電解液技術を中心に−」のテーマで基調講演、続いて「リチウムイオン電池の評価−ユーザーサイドから見た電池−」についてのパネルディスカッションを行う。

パネルディスカッションの参加者は、旭化成フェローの吉野彰氏、オートモーティブエナジーサプライ開発部エグゼクティブエキスパートの内海和明氏、三菱自動車開発本部EV・パワートレイン研究部担当部長の原口和典氏、マイクロ・ビークル・ラボ社長の松尾博氏、東京電力技術開発研究所電力貯蔵ソリューショングループマネージャーの高見表吾氏、そして佐々木教授の6人。

パネルディスカッション後には交流会も開催される。参加費は無料だが、交流会に出席する場合は1000円。申込締切日は3月11日。詳細は神奈川県産業技術センターのウェブサイト、問い合わせは同技術支援推進部交流相談支援室で受け付ける。

リーフ