アイケイコーポレーションは、新興市場でのオートバイ買取販売事業への進出を断念すると発表した。

同社は、新興市場でオートバイ買取販売事業を展開するため、新興国のモーターサイクル流通市場の調査、国際市場に展開するためのマーケティング強化を目的とした「サイアム・IK」をタイに2008年設立した。

しかし、事業活動として利益の確保が困難と判断、進出を断念する。市場調査で一定の成果が得られたことからサイアム・IKは5月を目途に解散する。