ユーサイド

日新火災海上保険は、新総合自動車保険「ユーサイド」を4月から販売すると発表した。従来の総合自動車保険「VAP」と家庭用自動車保険「HAP」を統合し、補償やサービスを見直し、契約者にとってわかりやすく最適な内容にしたという。

ユーサイドでは、従来の搭乗者傷害補償保険などによる定額での補償を廃止して、実際の損害額に応じた補償を行う人身傷害補償保険に統一するとともに、車両補償については車種を問わず車両価額協定保険とし、保険契約時に定めた保険金額を限度に保険金を支払う内容に変更した。

その一方で、自転車事故によるケガも人身傷害補償保険の対象に含めることで、自転車同士の事故など自動車が関係しない場合でもカバーするようにしたほか、日常生活賠償責任保険特約を新設した。

なお保険料については、ノンフリート等級の進行や車両保険金額の推移などを反映し、平均で約1.0%引き上げるとしている。