マルトレル工場

アウディAGは、2011年度の連結決算で販売台数120万台以上で前年並みの営業利益を確保する見通しを発表した。

同社は2010年の販売台数が前年同期比15.0%増の109万2411台と過去最高の販売台数を達成した。2011年も成長させるため、モデルラインナップの拡大を継続する。特にコンパクトSUVの新型車『Q3』を市場投入する。Q3はスペインのマルトレル工場で生産を開始しており、近く世界デビューする予定。

ニューモデルの投入を継続して2011年は過去最高の販売記録を更新する120万台以上を目指す。実現すれば前年同期比10.1%の伸びとなる。

収益では、原材料価格の高騰などの影響があることから、前年並みの33億ユーロ程度を想定している。

一方、1〜2月の全世界での販売台数は同21.6%増の18万6850台となり「目標に向けて順調にスタートした」としている。ドイツを中心とした西欧州、中国での販売が伸びている。

クロスクーペ・クワトロ・コンセプト。Q3の予告