プリウス・スペースコンセプト

トヨタ自動車が4月下旬より販売を開始する『プリウス』のミニバン仕様。ファミリーユーザーを主なターゲットとするが、開発において目指したのは「一人で乗っても満足できるミニバン」だったという。

開発を担当したトヨタ第1開発センターの粥川宏(かゆかわ・ひろし)氏は、「日本では多人数が乗車できるミニバンが好まれています。しかし普段は一人で運転する機会の方が多いですし、(ボディが大きく燃費も良くないため)燃費に満足できない、という方も多いでしょう。そこで『プリウス・スペースコンセプト』(仮)は、燃費、スペース、スタイルすべてのニーズに高い次元で応えることができるクルマをめざし開発をおこないました」と語る。

プリウス・スペースコンセプトは、3列シート7人乗りと2列シート5人乗りを設定する。3列シートではファミリーに、2列シートでは広いスペースを活かしたツーリングワゴン的な用途を求める層に訴求する。また、プリウスは欲しいが室内、荷室に満足できないという層にとっても2列シートは大きな魅力となる。燃費はどちらの仕様を選んでも変わらないという。

目的、ライフスタイルを問わないミニバンならではの使い勝手の良さ、そして仕様を問わずハイブリッドならではの燃費の良さを手に入れることができる、という点がプリウスミニバンを選ぶメリットとなるだろう。

プリウス・スペースコンセプト プリウス・スペースコンセプト プリウス・スペースコンセプト プリウス・スペースコンセプト プリウス・スペースコンセプト