プリウス・スペースコンセプト

トヨタ自動車は4月下旬、『プリウス』をベースとする新型ハイブリッドミニバンを発売する。ミニバンは一般的に重量が大きく、空力特性も悪いため、燃費は同クラスのセダンに比べて良くないケースが多い。それだけに、経済性に優れたハイブリッドミニバンの登場は、ミニバンユーザーにとっては非常に興味のわくところだろう。

そこで気になるのが、新型ハイブリッドミニバンの燃費。トヨタは公式には、今のところ「リッター30km以上を目指している」とだけコメントしている。ちなみにマスコミ向けのプレゼンで提示された映像の平均燃費計には「31km/リットル」と表示されていた。プリウスとの車重差を考えると、10・15モード燃費31km/リットルは妥当な線か。

モード燃費以上に気になるのは、実走燃費。モード燃費が良くても実際の燃費が大したことがないというのでは意味がない。新型ハイブリッドミニバンの製品企画を担当したトヨタの縣立(あがた・たつ)主幹は、「一般の道路でかなりの距離を試してみましたが、実走燃費はプリウスに比べておよそ80から85%くらいという手応えでした」と語る。

プリウスは激しい渋滞に捕まらなければ、ごく普通に運転してもおおむね20km/リットル台前半で走ることができる。新型ハイブリッドミニバンはさしずめ、18km/リットル台といったところだろうか。もちろんトヨタの2モーターハイブリッドシステムの特性を生かしたエコランを行えば、20km/リットル超で走るのも難しくはないものと考えられる。

プリウス・スペースコンセプト プリウス・スペースコンセプト プリウス・スペースコンセプト プリウス・スペースコンセプト プリウス・スペースコンセプト