ピレリタイヤ

マクラーレンのルイス・ハミルトンは今シーズンからあらたに導入されるピレリ製タイヤによって、2011年はスピードが遅くなるだろうと予想している。

「F1はスローダウンすることになりそうだ。レース距離ではさらに遅い。昨年は重い燃料でタイヤを長持ちさせなければならなかったが、それよりもずいぶん遅くなった印象がある。他の日にも試してみたけれど、正直、悲しいほどに遅かったよ。正直に言ってエキサイティングとはほど遠い」とピレリタイヤに厳しい意見を寄せたハミルトン。

さらにすでに批判の上がっていた摩耗スピードの速さについても、「それほどプッシュしていないのに9ラップでタイヤが終わってたよ」と指摘。 唯一の長所は「スピードが遅くなったことで、混戦にはなるかもね」と、ハミルトンはコメントしている。