ワールドカーオブザイヤー最終選考に残った日産リーフ

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は1日、ジュネーブモーターショーの会場において、「2011ワールドカーオブザイヤー」のファイナリスト3台を公表した。

ワールドカーオブザイヤーは、2005年にスタート。今回は2009年秋から2010年秋にかけてデビュー、またはマイナーチェンジを受けた新型車の中から最高の1台を選出する。

条件は2010年1月から2011年5月末まで販売を継続しており、世界2大陸以上でセールスしていること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。

投票は世界60名以上のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなど6項目を基準に実施。2011年4月のニューヨークモーターショーで、イヤーカーが決定する。

2011ワールドカーオブザイヤーのファイナリスト3台は以下の通り。

アウディA8
BMW5シリーズ
日産リーフ

日産『リーフ』が最終選考に進んだ。アウディ『A1』、BMW『X3』、シャガー『XJ』、メルセデスベンツ『SLSAMG』、ポルシェ『カイエン』などは、この時点でふるいにかけられた。

過去の受賞車は、2005年がアウディ『A6』、2006年がBMW『3シリーズ』、2007年がレクサス『LS460』、2008年がマツダ『デミオ』、2009年がフォルクスワーゲン『ゴルフ』、2010年が同じく『ポロ』。果たして、日産リーフが、欧州カーオブザイヤーに続く2冠となるか。

アウディ A8 BMW 5シリーズ