津軽海峡フェリーは7日、4月1日より数量限定の新割引サービス「海割(うみわり)」を開始すると発表した。乗用車で乗船すると、同乗者も含めて運賃が2割引となる。

2009年より実施されている高速道路料金の休日1000円の効果により、マイカーによる遠距離観光の需要が増えている。津軽海峡フェリーでは、11年4月からの平日上限2000円の国策でその傾向に拍車がかかると予測する。

海割は、自動車航送運賃(6m未満の自動車に限る)とその乗客の旅客運賃及び料金が2割引となる割引サービス。販売台数は、函館〜青森航路で1便あたり10台(船舶「えさん2000」運航便は対象外)、函館〜大間航路が1便あたり5台が設定される。

実施期間は、4月1日から7月15日まで(4月29日〜5月8日を除く)の期間で、乗船日の5日前までの予約および事前決済が必要。申込みは、各代理店、ウェブ、電話予約にて受付予定。