メルセデスGPの車体塗装を手がける

デュポンの高機能塗料事業部は、メルセデスGPぺトロナスのチームサプライヤーとして、F1レース車両のぺイントを担当する。

2011年F1世界選手権におけるシルバーとクグリーンのカラーコンビネーション“シルバー・アロー”の塗装を、デュポンの塗料ブランド「スタンドックス」で行う。

スタンドックスは、車体塗装に関する技術トレーニングや現地でレース後の補修塗装にも対応する。

スタンドックスでは、F1の環境に対して、ハイスぺック自動車用塗料製品群である『エクスクルーシブラインXL』を新開発した。

メルセデスGPの車体塗装を手がける メルセデスGPの車体塗装を手がける