パソコン画面イメージ。トップページ

ホンダは、ユーザーのカーライフを幅広くサポートする新たな会員制度「インターナビ・リンク」のサービス3月18日から開始する。

新しいサービスのインターナビ・リンクは、インターナビ・プレミアムクラブの情報ネットワークを活用し、パソコンや携帯電話、スマートフォンを使って、ドライブに役立つ交通情報、メンテナンス時期、燃費履歴などの情報サービスを無料で受けることができる。

対象はホンダの全ユーザーで、インターナビ対応のカーナビゲーションシステムを装着していないユーザーも、サービスを受けることができる。

また、今回新たに独自開発した『iPhone』用の「ドライブロケーター」アプリケーションを利用することでインターナビ・リンクアプリで提供するインターナビ・ルートの検索結果をiPhoneの「Googleマップ」上に表示できる。

インターナビ・プレミアムクラブの会員と2011年3月以降に新車登録したホンダのユーザーは、3月18日からインターナビ・リンクに会員登録できる。3月以前に購入したホンダのユーザーは、今年6月から順次会員登録を受け付ける。

さまざまな情報を入手できるスマートフォンやタブレット端末といったニューメディアの台頭で、車載テレマティックスサービスの存在感が薄まっていくと指摘する声がある。

ホンダは従来のホンダ純正カーナビ装着者を対象にテレマティクスサービスを展開してきたが、今後は全カーナビゲーションシステムに加え、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどの情報端末にも細かく情報提供するとともに、ホンダの全ユーザーを対象にすることで、こうしたニューメディアに対応していく。

パソコン画面イメージ。出発時刻アドバイザー iPhone向けアプリケーション画面イメージ。インターナビ・ルート iPhone向けアプリケーション画面イメージ。インターナビ・ルート iPhone向けアプリケーション画面イメージ。インターナビ・ルート iPhone向けアプリケーション画面イメージ。インターナビ・ルート iPhone向けアプリケーション画面イメージ。インターナビ・ルート iPhone向けアプリケーション画面イメージ。メインテナンス記録 iPhone向けアプリケーション画面イメージ。駐車場セレクト iPhone向けアプリケーション画面イメージ。駐車場セレクト 携帯画面イメージ。トップページ 携帯画面イメージ。給油記録 携帯画面イメージ。駐車場セレクト