「リンクアップフリー」サービスイメージ

ホンダは8日、ハイブリッドカー『CR-Z』からハイブリッド車を中心に適用してきた「インターナビ・プレミアムクラブ」会員向けの無料データ通信サービス「リンクアップフリー」を、17日に発表を予定している新型車『フィットシャトル』以降に発売する全車種に順次、適用拡大すると発表した。

リンクアップフリーはあらかじめデータ通信が使用可能な状態になっており、ユーザーはめんどうな接続設定作業が不要で、新車納車時からすぐにインターナビ・プレミアムクラブ会員向けの情報サービスを利用することができる。

また、ホンダ系ディーラーで車検を受けた際に更新手続きをすることで、購入した車両の所有期間は、通信費無料でサービスを利用できる。

同社では、リンクアップフリーの適用拡大でリアルタイム走行データ(フローティングカーデータ)の収集を増やすことが可能となり、より精度の高い渋滞予測などの交通情報を配信していく。

同時にリンクアップフリーで採用している通信機器を、フィットシャトルからソフトバンクの3G方式に変更、より高速で広いエリアでのデータ通信が可能となる。通信機器の変更に伴って現行のリンクアップフリー適用車に対しても4月下旬からソフトバンク3G方式へのアップグレードを無償で実施する。

ソフトバンク3Gの通信機器