ジュネーブモーターショー11に出展された フィアット 500 クーペ・ザガート

フィアット・グループ・オートモービルズは、自動車コンサルタント調査会社のJATOダイナミクスが発表した2010年ヨーロッパ販売車両CO2排出量の平均で、欧州トップの低燃費ブランドとなったと発表した。

フィアットブランドがトップになるのは、乗用車単一ブランドとしては4年連続。フィアットブランドの排出量は123.1g/kmと、前年比4.7g/km減少した。

また、フィアットグループ全体のCO2排出量の平均は125.9g/kmと前年よりも5g/km減少し、欧州市場域内で最も低燃費な自動車メーカーグループとなった。

グループとしては過去4年間で、乗用車1台あたり平均CO2排出量を137.3g/kmから123.1g/kmへと、10%削減した。2010年の平均値123.1g/kmは、EUの燃費規制で2015年の目標値130g/kmを、すでに下回っている。

ジュネーブモーターショー11 フィアット フリーモント