吹田SA(上り)、EV急速充電システム完成イメージ

NEXCO西日本・関西社は8日から名神高速道路・吹田SA(上り線)で、EV急速充電システムの運用を開始する。

EV急速充電システムを利用するには、「おおさか充電インフラネットワーク」の発行するEVカードが必要となる。

NEXCO西日本・関西支社は、大阪府が発足したEVアクション協議会に参画しており、自治体や企業等と連携し、EVのためのインフラ、社会システム整備や先進モデル事業を行い、将来的にEVや新エネルギー関連産業の集積を促進することを目的とした実証調査を継続して実施していくとしている。