ユニオート取り扱い

サクソンの国内販売を開始したユニオートは4日、記者会見を行なった。会場には3日から販売を開始した3車種が展示された。3車種は価格やシルエットこそ異なるが、エンジンやトランスミッションなどの主要なパーツは同一。

エンジンはハーレーカスタムでは有名なS&S製空冷OHV1573ccV型2気筒で、変速機はベーカー製6速リターン。ユニオート伊藤昭司代表取締役は、「S&Sのエンジンと言えば、ハーレーのカスタム市場ではハイエンドなパーツで、マニアの間では憧れでもあります。日本で乗れるバイクで標準装備しているのはサクソンだけでしょう。根本的な部分ではハーレーのエンジンと似ていますが、音や振動が異なるため、チョッパーファンのみなさんに体験してほしいです」と語る。

今回発表された3車種は、バイクのなかではかなり高額な商品。しかし、ハーレーを購入してカスタムを施すと、アッという間にこれ以上の金額が消えてしまい、総額400万〜500万円のカスタムチョッパーも珍しくない。にもかかわらず、「改造した」という理由から、中古車として売りに出すときは二束三文になってしまう。

サクソンのバイクは購入したままの状態で、特に改造をすることなく乗れる、希少なアメリカンチョッパー。サクソンは欧米で人気が高まってきているそうだが、日本はこれからだ。

ユニオート取り扱い ユニオート取り扱い ユニオート取り扱い ユニオート取り扱い ユニオート取り扱い ユニオート取り扱い ユニオート取り扱い ユニオート取り扱い ユニオート取り扱い