エスフロー(ジュネーブモーターショー11)

全体相場は続伸。米国株高、円安を受け、輸出関連株を中心に買いが先行。週末控えとあって引けにかけて利益確定の売りに押されたが、平均株価は前日比107円高の1万0693円と続伸して引けた。

円相場が1ドル=82円台に下落したことから、自動車株はほぼ全面高となった。トヨタ自動車が45円高の3785円、日産自動車が11円高の851円と反発。いすゞ、富士重工、日野自動車が続伸し、マツダ、ダイハツ工業がしっかり。

こうした中、ホンダが5円安の3545円と反落。スズキもさえない。