ユニオートが販売

自動車の輸入販売を行なうユニオートは、3月3日からアメリカンチョッパー「サクソン」の販売を開始した。4日に東京で行なわれた記者会見では、3車種のラインアップ:『Reaper(リーパー)』と『Villain(ビライン)』、『Griffin(グリフィン)』が披露された。

ユニオートの伊藤昭司代表取締役は、「日本でアメリカンバイクと言えば、ほとんどがハーレー。バイクファンは、きっとそれ以外のバイクも欲しがっているはず。我々はハーレー以外で高性能なバイクを探し続けてきた」と語る。その結果、米国大使館商務部から推薦のあったサクソンモーターサイクルを輸入することに決めた。ユニオートは日本のみならず、アジア全域の販売権を獲得している。現在、韓国とタイ、マレーシアでも販路を開拓中だ。

ユニオートが日本で販売を開始した3車種は、どれもS&S製の1573ccV型2気筒OHVエンジンに、ベーカー製の6速リターントランスミッション、ブレンボ製のブレーキを装備。燃料供給装置はキャブレターだ。しかし、フレームや燃料タンク、マフラーの形状などが異なっているため、車体の印象は大きく変わる。

なお、基本価格はReaperが315万円、VillainとGriffinが399万円。現在販売代理店を募集しており、全国に5店舗ほど用意する目標だ。そして、初年度の販売台数は3車種合わせて25台を目標にしている。

ユニオートが販売 ユニオートが販売 ユニオートが販売 ユニオートが販売 ユニオートが販売 ユニオートが販売 ユニオートが販売 ユニオートが販売 ユニオートが販売 ユニオートが販売