YZF-R1 ディープパープリッシュブルーメタリックC

ヤマハ発動機は、水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載する1000ccの『YZF-R1』2011年モデルを4月15日から発売すると発表した。

2011年モデルに設定する車体カラー「ディープパープリッシュブルーメタリックC」は、MotoGP用ファクトリーマシン『YZR-M1』のイメージを採り入れたカラー&グラフィックを採用した。

マゼンタ系フレームとの調和が人気の「ブルーイッシュホワイトカクテル1」は継続設定する。

YZF-R1は、クロスプレーン型クランクシャフトを採用するなど、YZR-M1の技術を随所に採り入れたマシンとして2009年6月から国内で発売している。

価格は141万7500円。

YZF-R1 ディープパープリッシュブルーメタリックC YZF-R1 ディープパープリッシュブルーメタリックC YZF-R1 ディープパープリッシュブルーメタリックC