運転支援システム アイサイト(EyeSight)

スバル(富士重工業)は4日、昨年5月に発売した先進運転支援システム「アイサイト」を搭載したスバル『レガシィ』の販売台数が、2月末日時点で1万1417台になったと発表した。搭載率は全体の57.9%となり、目標の30%を大きく超えた。

アイサイト(ver.2)は、スバル独自のステレオカメラを用いた先進運転支援システム。衝突の危険性が高いと判断した場合に自動ブレーキによって車両を減速させ衝突を回避するほか、渋滞時などの運転負荷を軽減する「全車速追従機能付クルーズコントロール」などの運転支援機能を持つ。

購入ユーザーを対象に同社が行ったアンケート調査では、アイサイト全体の評価で96.1%のユーザーが「満足」「やや満足」と回答、次期購入意向では90.6%の人が「絶対にアイサイトにしたい」「できればアイサイトにしたい」との回答を得たとしている。

また、購入後のレガシィのイメージとして85.2%の人が「安全性が高い」、アイサイト搭載車に乗っている気持ちとして83.8%の人が「事故被害を軽減してくれている安心感を得られている」と回答、運転負荷を軽減する「全車速追従機能付クルーズコントロール」については、91.1%のユーザーが「満足」「やや満足」と回答した。

運転支援システム アイサイト(EyeSight) 運転支援システム アイサイト(EyeSight) 運転支援システム アイサイト(EyeSight) 運転支援システム アイサイト(EyeSight) 運転支援システム アイサイト(EyeSight)