CLクラス

日本自動車輸入組合が発表した2月の輸入車新規登録台数は、前年同月比41.2%増の2万0376台と好調で、16か月連続でプラスとなった。

このうち、外国メーカー車は、同8.8%増の1万4183台と順調に伸びた。新車市場全体は、エコカー補助金終了による反動減で落ち込んでいるが、輸入車は補助金対象車がもともと少なかったこともあって販売は伸びている。円高ドル安を受けて、並行輸入業者などが輸入車の販売価格を引き下げていることも追い風となっている。

日本メーカーの海外生産車は日産『マーチ』が上乗せされた影響から同344.9%増の6193台と、依然として高い水準が続いている。

車種別では、乗用車が同41.8%増の1万9140台、貨物車が同33.2%増の1231台だった。