ジュネーブで会見を行ったライトフォーファーBMW会長と、ヴァランPSAプジョー・シトロエン会長

BMWグループとPSAプジョー・シトロエンは、ハイブリッドシステムを開発・生産する合弁会社の詳細を公表した。

両社が1億ユーロ(約133億円)を投じて合弁会社は「BMWプジョー・シトロエン・エレクトリフィケーション」でドイツ・ミュンヘン地域とフランスのミュルーズの2拠点で事業を展開する。研究開発機能はミュンヘン周辺に集約し、生産はミュルーズで行う。

従業員数は2011年末までに400人を雇用する予定で、ドイツでの勤務となる。

ミュルーズは、2014年の生産開始時期に合わせて追加採用し、本格生産開始時には約250人体制となる。

操業開始は、公正取引委員会の承認を経て、2011年4〜6月期からの予定。合弁会社で開発したハイブリッドシステムがBMW、PSAプジョー・シトロエンの車両に搭載されるのは2014年以降となる予定。

新会社の設立について、フィリップ・ヴァランPSAプジョー・シトロエン会長は「PSAは今回の合弁会社設立により、欧州域内で電気駆動システムの高度な技術生産ノウハウを開発し、価値創造のあらゆる可能性を確保することが可能になる」とコメント。

BMWのノルベルト・ライトホーファー会長は「今回の合弁会社設立によって、単一共通のアプローチに沿った、より戦略的な対応が可能となる。これに加え、この提携関係からBMWは大きなスケール・メリットを得るほか、開発コストの分担、標準化部品の採用、開発プロセスの短縮化なども実現する」としている

ジュネーブで会見を行ったライトフォーファーBMW会長と、ヴァランPSAプジョー・シトロエン会長 ジュネーブで会見を行ったライトフォーファーBMW会長と、ヴァランPSAプジョー・シトロエン会長