S-QUALO

ヤマハ発動機は、スクエアバウを採用したデザインの艇体に環境性能に優れたディーゼルエンジンを搭載したスターンドライブ仕様のマルチクルーザー『S-QUALO S/D』を5月1日から発売する。

新型クルーザーのS-QUALO S/Dは、ボートの基本構造を全面的に見直し、艇体強度を維持しながら軽量化を図った「ストリンガー構造」を採用した。静止時、走行時の横揺れを抑える「アンチ・ローリング・ブレード」も装備する。

エンジンはボルボ・ペンタ製の、260馬力を発揮する軽量・コンパクトなコモンレール式のディーゼルエンジン「VOLVO D4-260」を採用した。黒煙の低減、高い燃費性能に加え、スムーズな加速感と快適なクルージング性能を発揮する。エンジンの発電性能の高さを生かし、充電式マリンエアコン「BE-COOL」を標準装備する。

また、スターンドライブ方式のディーゼルエンジンを採用したことで、アフトデッキのスペースが拡大し、エンジンハッチ周辺のデッキをフラットにすることで有効面積が広がった。

S-QUALO S/Dは、3月3日から6日までパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催されるジャパンインターナショナルボートショー2011に出展する。

価格は1527万8865円。