VWゴルフカブリオレ

コンセプトカーを含めると数多くのモデルがワールドプレミアを飾ったフォルクスワーゲンブース。市販モデルでは、新型『ゴルフカブリオレ』が話題だ。

何しろ、ゴルフ(現行型は6代目)にカブリオレが設定されるのは、4代目(1997〜2004年)以来、7年ぶり。その4代目カブリオレも、実際は3代目(1991〜97年)のビッグマイナーチェンジ版だったから、まさに久々の復活である。

ところで今度のゴルフカブリオレ、従来モデルとの違いをひと言で表現すれば、「スタイリッシュ」という点に尽きる。ハッチバックに対してフロントウインドスクリーンは寝かされ、ルーフラインも低められた。表情こそゴルフファミリーの一員だが、実際には全く別のモデルといってもいいくらいだ。

歴代ゴルフカブリオレの特徴だったロールオーバーバーが格納式に変更されている点も、新型がスタイリッシュに見える大きな要因。電動ソフトトップは、30km/h以下なら走行中でも開閉できる。史上、最も洗練されたゴルフカブリオレの誕生だ。

VWゴルフカブリオレ VWゴルフカブリオレ VWゴルフカブリオレ VWゴルフカブリオレ